医療機関を経営するならコンサルティングに頼ろう

海外での開業はプロに相談

男女

開業コンサルタントを利用

インドネシアで事業を始めるのであれば、必ず専門のコンサルティング業者を利用しましょう。自分たちだけの力で経営ビザなどを取得し、さらに現地で人材募集を行っていくのはとても困難です。インドネシアでは美容関連の事業が多く、日系企業がたくさん店を出しています。それらの店は全ての手続きを自社で行ったわけではなく、ほぼ全てがインドネシアでの開業を支援するコンサルティング業者に支援してもらった結果です。インドネシアは世界第4位の人口大国となっており、その経済市場は日本とは比べ物になりません。市場構造もシンプルで、開業して店を運営するといった日本では面倒な手続きと許可が必要なことも気軽にできてしまいます。しかし、日本語が通じる日本と違って、現地の人とコミュニケーションをとることは難しく、よくトラブルが頻発してしまっているのです。コンサルティング業者に依頼すれば多くの手続きや許可申請などを代行してもらえるので、できるだけ業務を任せるようにしていきましょう。インドネシア市場調査や会計税務なども代行してくれるところがあるので、しっかりコンサルティング業者を活用していくことが大切です。あまりそこまで行くことは少ないですが、インドネシアでM&Aを実行する場合もコンサルティング業者に仲介を依頼するといいでしょう。海外で仕事をすることを選択した場合、香港に次いでインドネシアでの法人開業をする企業は多いです。海外事業のコンサルタントを積極的に利用して、インドネシアでの事業を成功させましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加